Runningooing!

福岡市中央区の税理士七澤浩之のブログ~経営もランニングも計画と実行~

上下動に気を付けてガチユル走

私の走力アップの鍵は、ガーミンのダイナミクスポッドの数値より、上下動にあるように思えます。昨日は、上下動を抑えることに集中しながらガチユル走をしてきました。

なお、シューズはズームフライ3です。

f:id:unnunkannung:20170130144813j:plain

ペース等

ガチ(1,000m×3本)は、4’00-4’10の間のペース設定で、ユル(6,000m)は5’00-5’15の間のペース設定でスタートしましたので、概ね設定ペース通りかと思います。

なお、ガチとユルの間は、10分ですが、概ね座っています。

ユルの1キロ目は足が重く、最悪5’30までペースを落としても良いかという、甘えが頭をよぎりましたが、いいペースでユルの6キロをこなせたと思います。

f:id:unnunkannung:20210513161759j:plain

ガーミンコネクトより

上下動比等

f:id:unnunkannung:20210513162223j:plain

平均ピッチ

ガチの時は、178-180 ガーミン基準なら”良い”に該当

ユルの時は、174-176 こちらもガーミン基準なら”良い”に該当します。

平均接地時間

ガチの時は、195.199 ガーミン基準なら”良い”に該当

ユルの時は、224-231 ガーミン基準なら”やや良い”に該当します。

平均上下動比

課題の平均上下動比ですが、

ガチの時は、6.8-7.4 ガーミン基準なら”やや良い”に該当

ユルの時は 8.0-8.6 ガーミン基準なら”普通”に該当します。

終わりに

意識してトレーニングを行ったからか、課題の上下動比の数値は、悪くはありませんでした。上に跳ねないように、意識を前にして走ったつもりですが、それでも、スピードを上げたガチで、”やや良い”の結果、ユルの時は、”普通”でした。

もっと、”前へ”の意識をもって良いのかもしれません。

ただ、ユルの6キロについて、ペースが落ちることなく、走れたのは、上下動に意識をしたからかもしれませんし、体調が良かっただけかもしれません。ここは、少し様子見。

ここで出てくるガーミン基準については、以下のブログを良かったらお読みください。

 

unnunkannung.hatenablog.com