Runningooing!

福岡市中央区の税理士七澤浩之のブログ~経営もランニングも計画と実行~

電子帳簿保存法/国税関係書類の区分

f:id:unnunkannung:20210428125148j:plain

スキャナーやスマホで取引書類を撮影し、保存する場合、スキャン又は撮影する国税関係書類の分類によって取扱いが異なる場合があります。その国税関係書類は、次の3つに区分されています。

1、帳簿・決算書類関係

2,重要書類

(1)領収書・契約書及びこれらの写し

(2)資金や物の流れに直結・連動する書類(請求書・納品書等)

3,一般書類(上記1,及び2、以外の書類)

※一般書類とは、(平成17年国税庁告示第4号)に定める書類で、例えば、契約の申込書、請求書、納品書、送り状、検収書、見積書、注文書などがあげられます。