スマートフォン解析

税理士試験合格発表/税理士試験合格発表の確認方法と大学院科目免除のススメ

 おはようございます。

明日は税理士試験の合格発表です!私の知り合いも数名受験しており、落ち着かない様子です。いい結果が届けば良いのですが!

f:id:unnunkannung:20170304101920j:plain

合格発表はインターネットで公開されるのか?

ところで税理士試験の合格発表はどうやって知るのでしょうか?新聞?インターネット?郵便?

税理士試験の合格発表は、今年5科目揃う人(いわゆる官報合格)と道半ばの人(いわゆる科目合格)で異なります。

科目合格者の方

科目合格者の方は、郵便で送られてきます。書留でもなんでもありません。普通郵便です。なので、天候によって結果を知る日がずれます。福岡市内在住の私の場合、通常の天候であれば土曜日には届いていましたが、雪など大荒れの場合、週をまたいで月曜日でした。基本的に福岡市内であれば土曜日だと思われます。

佐賀市内は週明けになることがよくあると聞きます。)

ちなみに、近場の税務署に電話しても、国税局に電話しても教えてくれません。というか、恐らく知らないです。試験監督を国税審議会からお願いされてやっているだけなので・・・

官報合格者の方

次に官報合格者の方ですが、こちらは5科目に達したか否かをインターネットで見ることができます。こちらで見れますよ↓

kanpou.npb.go.jp

または国税庁HPでも見ることができます。

官報は、名前入りで公表、国税庁HPは受験番号のみ公表されます。

税理士試験情報|調達・その他の情報|国税庁

なかなかつながらない

しかし、官報も国税庁HPもなかなかつながらないときがあります。私も去年は、なかなかつながらなくて、つながらなくて・・・イライラしました。

でも、見たい!早く知りたい!

官報も国税庁HPもなかなかつながらない、でも、早く見たい!そんなときは、官報販売所に行きましょう。普通の書店や売店では販売されていません。官報販売所に行くことが必要です。福岡であれば、天神の北の方、須崎公園の近くに官報販売所があります。(下↓参照)

福岡 | 官報販売所一覧 | 全国官報販売協同組合

無料で閲覧させてもらえます。

福岡市総合図書館等にも官報ははいってくるようですが、数日遅れて入ってくるようです。

TAC等専門学校では官報を購入して結果を知っているんでしょうが、官報合格を手にしていれば別として、原則教えてもらえないでしょう。

大学院科目免除という方法

残念ながら官報には名前が載ってなかった場合、大学院を考えるのも一つの手段だと思います。税理士試験を受ける人の中には、

「大学院=逃げ」とかいうレッテルを張る傾向がありますが、逃げであってもいいではないですか!

逃げでもいい!

最終的に税理士資格を得ることが目的ではなく、資格をとることはスタートであるのであって、そのレッテルはどうでもいいでしょう。一番良くないのは、意固地になって、来年こそは!来年こそは!と何年たっても、資格を取れないことですから。

理論を一語一句覚えて合格できる試験ですか?

試験時間120分で終わる試験ですか?

試験委員が試験問題を解きなおしていると思いますか?

採点基準がありますか?

試験結果に納得できますか?

逃げでもなんでもいいじゃないですか!私は、「逃げ」です。もう耐えれませんでした。3年間、法人税法の勉強しました。5年間事業税の勉強しました。でも、ダメでした。特に事業税は、勉強するのがストレスで仕様がありませんでした。(事業税やミニ税法については下の記事を参照してください。)

unnunkannung.hatenablog.com

unnunkannung.hatenablog.com

 大学院入るのは簡単じゃない

大学院を考えてみようと思った方、大学院に入るのは簡単ではありません。

そして来年4月の入学を目指す場合の問題点が3点あります。

一点目は、大学と同様試験がある。

二点目は、大学院は秋と春の二回入試がある。

三点目は、志望動機書・研究計画書をかかなければならない。

 試験について

試験内容については大学院によって異なります。学校によっては英語の試験があるところもあると聞きます。なので、いきたい大学のHP等で確認してください。ただ、社会人の試験については、すこし有利な試験科目になっていることが多い気がします。私も法人税に関する税法の問題のみでした。

面接がある

筆記試験に加えて面接があります。面接がない、という大学院はないと思われます。

面接では何が聞かれるのか?

面接では、志望動機書と研究計画書を基に面接が行われることになると思います。

なぜ、そのことを研究しようとおもったのか?とか、この研究をどのように進めて、最終的にどのような結論を導き出そうとしているか?とかが想定されます。

なので、志望動機書や研究計画書は適当では成り立ちません。

このへんについては以下の記事を参考にされてみてください。

unnunkannung.hatenablog.com

修士号ゲット=2科目免除ではない

次に大学院に入学したとして留意しておかなければならない点ですが、大学院に入学して修士号を得たからといって自動的に税法2科目免除という訳ではありません。

論文を国税審議会に提出し、その論文が認められることによって、税法2科目免除ということになります。

3科目ないと申請を行えない

で、この申請ですが、税法科目免除は、税理士試験で1科目税法科目を合格していないと国税審議会に提出することはできません。

これに関して気になる点があります。

例えば、税理士試験の税法科目を取得していない方が、ある問題点について研究し、論文を書いたとして、もし、その問題点が、論文を提出する前に税制改正等で改正され、問題が問題で亡くなった場合、どうなるのでしょうか?どうなるのかな・・・。審査する方が、「もう解決されたけど」ってならんのかな?って感じます。ここはちょっと不明ですが、やはり、万一を考えると、税法科目を一つ取得してから、大学院に行った方がいいのかな?って気はします。

最後に

大学院入学をおススメしたりもしましたが、税理士試験を受けて、合格を手にするのもやはりメリットがあるものだと、最近つくづく思います。

税理士試験の勉強って、一応おおまかにある程度網羅的な範囲を勉強します。これって実務で役にたちます。

大学院の勉強はどちらかというと、租税法学という根本的な部分です。なので、大学院だけで資格を取った人が、会計事務所に入りにくいのはそういう部分があるからでしょう。

とは、いうものの、大学院にもメリットは感じます。あと皆さん次第・・・