スマートフォン解析

憲法改正の手続きを知ってるか? 憲法96条を読んでみた

今、安倍政権のもと憲法改正に向けての議論が熱を帯びている。

では、憲法では、この憲法改正についてどう規定されているのか憲法を読んでみたい。

憲法九六条

①この憲法の改正は、各議員の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体をなすものとして、直ちにこれを公布する。

改正までの流れ

憲法では、改憲については上述のように規定されている。

が、簡単には以下のようになる。

①改正原案提出

 ↓

②衆参本会議で2/3以上の賛成

 ↓

憲法改正を発議

 ↓

国民投票(③の発議以後60日から180日以内)

 ↓

国民投票の1/2の賛成で改憲

憲法改正の手続きは、その手続きに関する法律に基づいて行われる。)

国民が最終的な判断を下す

上記、改正までの流れをご覧いただければわかるように、最終的な決定は国民投票によって下される。

憲法に触れる機会は滅多にない国民がその判断を下すのは難しく、新聞やテレビの解説者、街の知ったかぶりに振り回されてかねない気がする。

内閣はきちんとした説明を求め、解説者、街の知ったかぶりさんも、口を開くなら、断固たる決意をもって口を開いて頂きたい。

f:id:unnunkannung:20161224220722j:plain

しかし、GWはアマゾンプライムの無料お試しで映画見っぱなしでした!

ラスト・サムライ、トップ・ガン、ミッション・インポッシブル(すべて)、コラテラル、MOZU(劇場版)、神の月、・・・

無料最高!プライム最高!

是非、当ブログサイドバー右横よりお試しください!

 

広告を非表示にする