スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランプ次期アメリカ大統領会見 オバマケア廃止について言及 今頃オバマケアについて語るばい!

目盛ります☝

トランプ次期アメリカ大統領が

トランプタワーで記者会見をなさいましたね。

色々な発言をなさったようで、

市場もに賑わっています

オバマケアの廃止についても言及されています。

トランプさんの発言にかかわらず

オバマケアについては色々な問題点があると聞きますが、

オバマケアとは何なんでしょうか?

今頃オバマケアについて語ります

1、オバマケア誕生の背景

アメリカの医療制度

アメリカ合衆国には

日本の国民健康保険のような公的な保険制度がありません

従って

医療は日本でいうところの自由診療が基本となります

オバマケア誕生の背景

自由診療が基本

つまり

医療費は基本的に100%自己負担となります

そこで

多くの国民は、医療費の支出に備え医療保険に加入します

しかし、

低所得者は保険に加入できず無保険状態

さらには

技術の進歩で医療費は高額化

そんな背景のもと

病院に行けない人

医療費が払えず破産する人

が増え、

社会問題化

そこで誕生するのが

オバマケア

2、オバマケアとは

オバマケアは簡単に言うと

無保険状態の人を減らそう!というもので

公的医療保険への加入を義務付ける制度

を言います

少し具体的にいうと

・政府の補助がある新型の医療保険そ導入し、

無保険者でも医療保険に加入できるようにする

・全額自己負担の医療保険を廃止、

新型の医療保険への強制加入を義務付けた

というものです。

3、オバマケアのメリットと問題点

オバマケアのメリット

無保険者が減少し、

貧困層でも病院に行けることになったことが

最大のメリットではないでしょうか?

オバマケアの問題点

・保険料が上がる

強制加入を義務づけたため

どんな健康状態の人でも加入しなければなりません。

保険会社からすると保険金の支払リスクが高まるわけで

当然保険料(掛金)があがります

その結果、全額自己負担の医療保険に入っていた人は

強制加入の医療保険に入る前の掛金よりも

強制加入医療保険の掛金が増えた

・保険の対象が狭くなる

全額自己負担医療保険の場合は

対象であったが治療が、

オバマケア医療保険では

保険の対象外になった

(これは、掛金を抑えるためのものだと思う)

・保険対象の医療機関が定められる

全額自己負担医療保険の場合

対象であった医療機関が

オバマケア医療保険では、

対象外の医療機関となった

そのほか、いろいろな問題点もあったようです・・・

4、トランプさんは別の制度を!と言っている

オバマケアの問題点より

共和党はオバマケアを反対

トランプさんは共和党であり、

かつ、オバマケアの廃止については

選挙期間中から訴え続けてきたことでもあり、

記者会計での発言につながるのだと思います。

ただ、

別の制度を!と言っているので、

もとの制度に戻してしまうのではなく

貧困層向けに新たな制度を考えられるのではないでしょうか?

5、最後に

日本人からしてみれば、

国民健康保険は当たり前の制度で、

アメリカにそれがないのは不思議に感じます。

それと同時に、

オバマケア、そのままでよかやん!って気にもなります。

が、

国が違えば、考え方も異なります

アメリカからしたら、

『エンペラー辞めたい!って言ってるんだから

その主張を尊重して、やめさせてあげてよ!』

って思ってるかもしれません。

はい

f:id:unnunkannung:20161225075409j:plain

広告を非表示にする