スマートフォン解析

副業の確定申告 サラリーマンのアドセンス収入について確定申告は必要?

サラリーマンをしながらブログを書き、アドセンス等で広告収入を得ている方もいらっしゃると思います。

そんな場合、その収入に対して『申告しないとダメなのか?』と不安になっておられる方もいらっしゃるかもしれません・・・今日はそんな話。 

1、申告しなければならないかどうか(結論)

⑴ 金額で判定

はい、最初に結論からお伝えします。

一つの会社に勤めて、その会社からの給与以外に収入がない平のサラリーマンの場合、広告から得られる収入について申告をしなければならないかどうかは、その広告収入の金額によります。

はい、その金額は20万円です。広告収入が20万円超えたら申告しなければなりませんし、20万円以下なら不要です。

⑵ 申告期限

はい、3月15日です。

⑶ どうやって申告するの?

申告書に必要事項を記載の上、税務署にお持ちください。

申告書は国税庁のHPから作成可能で、印刷もできます。

⑷ 注意

⑴で"一つの会社に勤めて、その会社からの給与以外に収入がない平のサラリーマンの場合"と書きました。金額で判定しいいのは、ごく一般的なサラリーマンだけと思ってください

給料をたくさんもらっている人や、会社の役員、二か所以上の会社から給与の支払いをうけている人云々やり手のサラリーマン様は、金額では判定できないと思ってください。

こんな人は確定申告が必要だよ!というのを書くの面倒なので、俺はやり手、平のサラリーマンじゃないぜ!島耕作だ!って方はこちらで確定申告の有無を判断してください→No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人|所得税|国税庁

★『結論聞いたからもうええわ!』と言わんと以下も良かったら読んでください。

2、サラリーマンの税金納付の仕組み

⑴ サラリーマンの税金

サラリーマンの税金は、主として"所得税"と"住民税"です。

⑵ サラリーマンの税金の納付の方法

この所得税と住民税について、ご自分でその金額を計算し、申告書を提出の上 納付をしたという経験がある方は少ないと思います。

税理士事務所で働く我々でさえ自分の申告書を作ることは、滅多にありません。

サラリーマンの方の税金は、毎月の給与からそのもらう給与金額に応じた一定の金額が天引きされ、会社から国や地方に納付されます。これを所得税:"源泉徴収、住民税:"特別徴収"といいます。

⑶ サラリーマンの税金の申告の方法

毎月に天引きされる所得税額は、給与の金額に応じた一定の概算金額であるため、12月の最後の給与が支給される時に、給与の金額・生命保険料控除等の所得控除額等の各サラリーマンの個別事情を勘案したところで正しい所得税額を計算し、概算徴収額との差額を調整します。これが"年末調整"です。

そして、会社から、税務署に対し源泉徴収票の提出という形で、みなさんの所得税の申告がなされます。住民税は支払調書の提出という形で、住民税の申告がなされます。

なので、住宅借入金の特別控除の適用をうける初年度や、医療費控除の適用をうける場合、ふるさと納税について申告をする場合等を除き、サラリーマンの皆さんがご自分で確定申告をすることはあまりありません。

 

参考:年末調整の仕組み

unnunkannung.hatenablog.com

 参考:所得税が減るかもしれませんよ!

unnunkannung.hatenablog.com

 参考:ふるさと納税の真実

unnunkannung.hatenablog.com

3、最後に

ということで、平のサラリーマンは税金の申告も納付も、お勤め先の会社がやってくれますので、広告収入がある場合にはその収入金額に応じて確定申告の有無が生じます。私も、減らされたおこづかいを埋めるべく、先月末くらいから広告を貼らせて頂いておりますが、難しいですね。20万円・・・ほど遠いです。申告ができるくらい収入があったら嬉しいものです

unnunkannung.hatenablog.com

 

広告を非表示にする