スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士試験合格発表まであと4睡眠!税理士試験で万年筆を使うメリットはある?万年筆体験談

税理士試験 税理士試験-筆記用具

 あと4日寝たら税理士試験の合格発表です。これで、このドキドキは何度目でしょうか?もう終わらせたいものです。

 私は毎年何をつかって理論を書くか本試験直前まで悩みます。相当沢山の種類のボールペンを持っています。万年筆を試みたこともあります。でも、結局ボールペンです。税理士試験受験者は万年筆どうかな?って思われている方も多いと思います。今回は税理士試験と万年筆という観点で書きます。

  

1、万年筆は税理士試験に向いているのか?

 私は税理士試験に万年筆は向いていないと思います。自習室で回りを見渡せば使っておられる方はまず見受けられないと思います。万年筆を検討するくらいなら、1,000円未満のボールペンで自分に合うものを探されたほうが、時間的にも、金銭的にもメリットがあると思います。

 2、万年筆を検討した理由

 私は2010年から万年筆を検討し始めたのですが、万年筆の最大のメリットは、筆圧かけずにスラスラと記載できることでしょう。

 税法の理論問題は大量筆記です。科目にもよりますが、試験問題を見て、おおよその解答骨子を考えたらひたすら記載しないと間に合いません。なので、相当手首が疲れます。本試験以外の時も、模試や理論を書く練習を行います。腱鞘炎になる方も多いと聞きます。そこで、筆圧がいらずスラスラかける万年筆は非常に魅力的に感じました。

3、こんな万年筆使いました。

 非常に魅力と考えたものの、周りに万年筆の知識もった人がおらず、手にしっくりくるものを探し出すのには、相当のお金と時間を要しました。私が購入した万年筆を購入した順に紹介しますね。

⑴ラミー サファリ

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ ブラック L17-EF 両用式 コンバーター別売 正規輸入品

LAMY ラミー 万年筆 ペン先EF(極細字) サファリ ブラック L17-EF 両用式 コンバーター別売 正規輸入品

 

 ラミーのサファリが万年筆1号です。ラミーはドイツの会社のです。

 ペンキは、まずFを購入、その後EFを購入しました。

 FとかEFはペン先の細さを表すものですが、FはファインのFで細字、EFはエクストラファインのEFで極細を指します。

 最初は細目のFを購入しました。海外ではアルファベットを使います。よって、漢字を使う日本の万年筆と比較してEFであっても太目です。よって、EFでも漢字がつぶれてしまい解読不可能なことがあったので利用を断念、日本製で探すこととしました。

⑵PILOT CUSTOM74

 日本のPILOT社の定番万年筆です。

 ラミーを経験よりペン先はEFかFか迷いましたが試し書きの末にFを購入しました。PILOTは日本の会社ですので、Fで書いても漢字を書くとつぶれることはなくなりました。

 しかしながら筆の長さが長いのです。長すぎて、ドリフトしている車のようにペンの末尾にふられてしまい字が乱れることがありました。ということで、私は短いサイズの万年筆を探すこととしました。

⑶PILOT CUSTOM98

 こちらもPILOT社の万年筆です。

 非常にしっくりきました。長さもショートサイズで通常のボールペンの長さとあまり変わりません。太さもCUSTOM74より一回り細く握りやすかったです。ペン先はEFよりもFのほうが滑らからに進み書きやすかったです。PILOTに限らず日本製の万年筆を使う場合は、Fが税理士試験に向いているかもしれませんね。

 ということで、本試験はこれで行こうと思いました。

 実は、あと一本ショートサイズの万年筆(PILOT M90)を購入しましたが限定品で今は購入できず参考になりませんから割愛しますね。ほかの万年筆はヤフオクで転売してしましましたが、この一本だけは今も実務で愛用しています。手に入れれるものであれば、手にしていただきたい一本です。

f:id:unnunkannung:20161212210558j:plain

4、インクが滲む?!

 万年筆を使うようになって理論を書くのは確かに楽になりました。ただ、ある時に思いました。 

 『インクって滲むのでは??』

  そして、本試験から持ち帰ってきて過去の本試験の問題用紙・計算用紙に書いた結果、滲むのです。本試験の解答用紙は、問題用紙や計算用紙とは異なる気がします。が同種の紙だったと思います。

 『使うのをやめよう!』と思いました。

 いくら楽にかけても滲んで字を読んでもらえないとなってしまえば元も子もありません。 

5、速記に向いていない?

 万年筆は確かに楽にスラスラかけます。スラスラ書ける=速記か?といえばそうじゃない気がします。速記を行うためには、ある程度ペン先が固くて、力を入れて書いたほうが良い気がします。

6、結局ボールペンに

 こうして私は普通のボールペンに戻り、本試験もボールペンで記載しております。

 今は、油性でも水性でも非常にスラスラかけるボールペンがたくさんあります。そんな中でわざわざ非常に高価な万年筆を利用するメリットはありません。

 もしそれでも万年筆を使ってみたいよという方は、PILOTのカクノを使ってみて見られてはいかがでしょうか?あまり高い万年筆を購入して、やっぱ普通のボールペンで・・・っていうのは金銭的に無駄ですので。

 

広告を非表示にする