スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士試験合格発表まで一週間 科目選択 ミニ税法は選ばないほうがいいんじゃないか?

税理士試験 税理士試験-事業税

あと一週間で税理士試験の合格発表です。

 今年で5科目そろう人は金曜日に官報又は国税庁HPでチェックできます。ちなみに、官報は名前まで載りますが、国税庁HPは受験番号のみです。

 さてさて、今年の合格次第では1月開講のミニ税法を洗濯されるかももいらっしゃる方もいるかと思います。事業税を選択している私がいうのもなんですが、ミニ税法はあまり選ばないほうが良い気がします。

ボリュームが少ないだけで選択してはならない

 ミニ税法のメリットは、“ボリュームが少ない”の一言でしょう。これ逆にいうとデメリットになります。ボリュームが少ないというのは、誰も同じであり、誰でも真面目に勉強すれば簡単に合格レベルまで達することができます。

 はい、A判定までは簡単に達します。ただ、A判定の壁を超えて、合格を得るのは至難の業かと思います。また、受ける人も少ないため、合格するのも少ないです。だいたい税理士試験の合格率は10%前後です。分母が少ないということは、合格する分子も少ないということです。

 私は、事業税を選択したことを後悔しています。

 事業税について聞きたいことがある方は、お気軽にコメント入れてください。

 

広告を非表示にする