スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふるさと納税するメリットがあるの?ないの?? ふるさと納税で最大限のメリットを得る方法を紹介!

税務・会計 税務・会計-所得税

 ふるさと納税されていますか?

 私は今年初めてふるさと納税をしてみました。

 平均的なサラリーマンである私の感想は、う~ん、メリットあるんかな?って感じです。

 そこで、ふるさと納税にメリットがあるのか?ないのか??どうすれば、ふるさと納税でメリットを得ることができるのか?について考えてみましたでのご紹介いたします。

1、ふるさと納税にメリットがあるのか?ないのか??

 まずは、メリットがあるか?ないか??について。

 ふるさと納税をするとお礼があります。商品の場合もありますし、宿泊や飲食などのサービスなどもあります。

 ふるさと納税をおこなった場合、ある一定の金額までは2,000円とそのお礼との比較でメリットがあるかないかを考えることができます。

 つまり、お礼の価値が2,000円という金額に対して得か?損か?です。

 なぜ、2,000円なのかは次において説明します。ちなみに、この2,000円を負担額と言ったりします。

2、ふるさと納税による控除額(確定申告をする場合)

 ふるさと納税を行った場合、次の算式により計算した金額が所得税住民税から控除されます。

 ⑴所得税の控除額

 (ふるさと納税額ー2,000円)×所得税の税率

 ⑵住民税の控除額

  次の①と②の合計額

  ①(ふるさと納税額ー2,000円)×10%

  ②(うるさと納税額ー2,000円)×(100%-10%-所得税の税率)

   ※⑵②が住民税所得割額の20%超の場合、住民税所得割額の20%

 これ、⑵②の金額が住民税所得割額の20%未満の場合には、

 ⑴+⑵①+⑵②ふるさと納税額ー2,000円)控除の金額

 になることを意味します。

 つまり、ふるさと納税でどこかの県にお金を払った場合、その払った金額から

2,000円を引いた金額は、税金から控除(正しくは所得税から還付され、住民税からは控除)されるのです。

 例えば、A県に住む私がB県に10,000円ふるさと納税を行ったとします。すると、10,000円から2,000円を引いた8,000円については納付すべき税金から控除されます。

 つまり、本来なら50,000円の税金を納めないといけない私が10,000円のふるさと納税を行った場合、50,000円から8,000円を差し引いた42,000円を納めることとなります。

 ただし、注意が必要です。ふるさと納税はいくらでもして言い訳ではなく、限度があります

3、ふるさと納税の金額には限度がある。

 ふるさと納税には限度額があります。そして、その限度額を超えると、税金から控除される金額は減ります。つまり、限度額以内であれば(ふるさと納税ー2,000円)が控除の金額なのですが、限度額を超えると2,000円の金額がどんどん増え、控除の金額が減っていきます。

 なお、いくらが限度なるかは所得金額や家族構成等々により異なりますが、目安がこちら(→総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について)にありますので、ご参考になさってください。

  ちなみに、なぜ限度額があるか?ですが、限度がなく いくらでもふるさと納税をしても良いということになると、お礼の良い市町村にばかりお金(税金)が集まり、自分が住んでいる市町村にはお金(税金)が集まらないという事態を招く可能性があるからです。これでは地方行政が成り立ちませんね。なので、限度額があります。

4、ふるさと納税で最大限のメリットを得る方法

 1、ふるさと納税にメリットがあるのか?ないのか??のセクションで、メリットの有無についてはある一定の金額までは2,000円(負担額)とお礼の比較でできるということを書きました。ある一定の金額とは限度額を指していたのですが、限度額を超えると負担額2,000円が、3,000円になったり、4,000円なったりとどんどん増加します。つまり限度額を超えると負担額2,000円は増加するのです。負担額が増加するのと同時に控除される税金の控除額は減っていきます。

 従って(結論です)、

⑴ 納税額は限度額以内で行い、フル控除の恩恵を受けること!

⑵ 負担額2,000円で自分が得する商品又はサービスを探すこと!

 これがふるさと納税のメリットを得る方法となります。

5、最後に

 如何だったでしょうか?なんとなく最大限のメリットを得る方法をお分かりいただけましたでしょうか?

 今回は、所得税の確定申告をするケースをもとに書きました。ワンストップ特例申請のケースは次の機会に・・・

 なお、サラリーマンのふるさと納税にかかる税金(所得税と住民税)については、以下を参考にされてください。

unnunkannung.hatenablog.com

広告を非表示にする