スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうすぐ年末 サラリーマンのみなさん“年末調整”の仕組みをご存じ?

税務・会計 税務・会計-所得税

こんばんわ。今年もあとひと月で終わりですね

サラリーマンの皆さんは、経理の方から、給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除申告書の提出を求められていると思います。

お尻を叩かれていると思いますが、これ、年末調整に使うので、急がないとダメなのです。

しかし、私もそうだったのですが、年末調整っていまいち何をしているのかわかりませんよね。「お金が返ってくる!ラッキー」っていう感じでしょうか?

ちょっと年末調整について、お話します。

f:id:unnunkannung:20161206234710j:plain

1、『源泉徴収』は所得税の前払いであり、その金額は概算である。

 会社から給与をいただく際、いろいろなものを引かれていると思います。

 いわゆる“天引き”ですが、この天引きの中には、サラリーマンの皆さんがその年に国に収めるべき税金(所得税)の前払い的性格のものが含まれています。

 これを『源泉徴収』といいます。

 そして、その金額は支給金額に応じて一定の定められた概算金額なのです。

2、源泉徴収は正しい所得税額ではない

 源泉徴収の金額は、支給金額に応じた一定の定められて概算金額で、正確な所得税額ではありません。そして、概算金額であるため、正確な所得税額とズレが生じています

 したがって、ズレを是正する必要があります。

 そのズレを是正する作業が『年末調整』なのです。

3、年末調整 

 まず、12か月分の給与の金額、国民年金や健康保険といった社会保険料、個人で掛けている生命保険等の金額を勘案したところで、正確な所得税を出します。

 その結果、概算税額が、正確な所得税より多いときは、皆さんにお返しし、逆に少ないときは、不足分を徴収するといった調整をおこないます。

 これを「年末調整」といいます。

4、注意点

 ふるさと納税、医療費控除、住宅借入金特別控除等(初年度)については、年末調整における調整の対象外となります。適用を受けようと思われる方は、確定申告が必要ですのでご注意ください。また、副業をなさっている方も、当然副業の所得は年末調整の対象外ですので、確定申告が必要になりますので、こちらお合わせてご注意ください。

 なお、源泉徴収されているのに、年末調整してくれない会社にお勤めの方は注意してください。猫ばばされている可能性があるかも・・・

 

広告を非表示にする