スマートフォン解析

いかんやろ!つくばエクスプレスが定期券・回数券の領収書を一年で廃棄。おとがめなし?

おはうようございます。ZeKuです。

朝パソコン開いて、記事を読んでてこのニュース驚きましたね。

これ、ありえないでしょ!

1、法人税法の取り決め

 法人税法では、領収書や請求書などの保存期間を確定申告書の提出期限(原則:事業年度終了の日から2月以内)から7年間としている。

No.5930 帳簿書類等の保存期間及び保存方法|法人税|国税庁

 税務に携わるものなら、だれでも知っている常識で、知らんと賠償責任を負わされる可能性もある。

2、つくばエクスプレスの釈明

 ニュースによれば、つくばエクスプレスは「法人税法施行規則の認識違いがあった。今後は適切な書類管理をしていきたい」と釈明?

 7年って書いてありますやん。7年の7が1に見えたのかな?目の悪い人には、見えなくもない!ってなんでやねん、そんな訳あるかいな!

 "認識"の使い方間違ってません?

 法律ってホントに読みにくいし、中でも税法は読みにくいらしい(某弁護士の話)

 なので、ある法律について人によっては解釈が異なることがある。こんな場合に、税務当局から指摘されて「いや~、法人税法施行規則の認識違いがあった。」というのは正しい使い方だろうとおもう。でも、これ違いますよね。7年て書いてあるんだから。

3、おとがめなし

 ニュースによれば、当該規定違反による罰則がないため、口頭で是正指導を行ったのみ。罰則がないのでしょうがないと言えば、しょうがない気もするが・・・ 

4、最後に

 税金に携わる仕事をしている人間としては、実に信じられないケースで書かずにいられなく書いてしまいました。第3セクターで、株主には多くの地方公共団体がいます。役員の中には、天下りの方もいるかもしれません。意味のわらかない釈明。どうも歯切れが悪い!

www.mir.co.jp

広告を非表示にする